ミシシッピニオイガメ(スティンクポット)の日記

ミシシッピニオイガメ、カブトニオイガメ他、我が家のカメ日記です。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
mail
ミシシッピニオイガメ・タライ
投げ込みフィルター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ミシシッピニオイガメの水深について。 | main | ミシシッピニオイガメ他、ALL水換え >>
ミシシッピニオイガメ・幼体の飼育
JUGEMテーマ:水ガメ

 さてと・・・我が家のミシシッピニオイガメは元気です、オシマイ。。



ん〜・・・・今日も困った時の検索ワード・・なんですが、こちらもネタが浮かばない^^;

とりあえず、
#ミシシッピニオイガメ 混泳 7

と、

# ミシシッピニオイガメ レイアウト 3


# 水作エイト 改造 47

これは、相変わらずと言うか未だ不思議です^^; 
一応、こちらの記事なんですが・・そんな詳しく書いてるワケでもなく、ワカラン・・汗)

まぁ、水〇エイトの改造は置いておいて、このあたりの単語で検索して訪問された御方へ私なりに少し。

で、ムリヤリ感丸出しですが先日、掲示板の方へカメとイモリが同居できますか?と言うご質問をいただきました。

私は試した事が無かったので「多分、カメが食べようとするんじゃ・・・」と。

モノは試しと、やってみましたよ。



イモリ達よ、迷惑をかけてゴメンナサイ^^;

ミシシッピニオイガメの場合、興味が無さそうな感じでした。
と、言うより急に環境が変わり、それどころじゃ無かったのでしょうね・・苦笑



我が家で最も貪欲なセイブニシキガメは・・
食べそうになったのでストップ!

一応、「カメはイモリを食べようとはします」が実証されました。(お腹こわしそうですね、実際に食べたら・・)

基本的にミシシッピニオイガメと混泳できる魚は、私の場合ですとアカヒレを推薦しておきます。
貪欲なセイブニシキガメの追跡をかわし、大きくもならない。
低温にも強く、水換え時の水質変化にも強い。
値段も、お手ごろですし、良く見れば「それなり」に観賞魚に見えます。

次、

仮に、ミシシッピニオイガメの幼体(チビ・ガメ)を飼育する場合のレイアウトですが、



こんな感じで飼育するのも良いでしょうね。(掲示板で、せっかく書いたから使うゾと^^;)

ついでに以下、掲示板のコピペ(汗


ヒーターの種類ですが、カメ用であればオートタイプで水温を26度前後に保ってくれるタイプとサーモスタット付き(温度調節可能)のタイプがあります。
お勧めはサーモ付きですが若干、値段は高くなりますね。
ゼニガメであれば水温は24〜26度程度に水温を保てば良いと思います。
出来れば、水温だけではなくヒヨコ電球などで空気も暖めると尚、良いでしょうか・・
水温が26度でも外気温が5度とかですと肺呼吸のカメは風邪を引く可能性もあります。

冬場も加温飼育する場合、エサも与える必要がありますし成長に応じて日光の代替的な器具も必要になりますので紫外線ライトも可能であれば設置してあげた方がカメの健康状態も良く保てるでしょうね。

熱帯魚用のヒーター以外ですと、

http://item.rakuten.co.jp/chanet/c/0000005888/

のように飼育容器の下や上に設置するタイプの保温器具もありますが、意外と思うような温度に設定することが難しいので私は水中ヒーターをお勧めします。

あとは・・カメの大きさが分からないのですが、初めての越冬と解釈し、子ガメだと仮定します。

池で飼育されてみえるとの事ですから溺れる可能性は低いと思いますがゼニガメ(クサガメ)って泳ぎが苦手なんですよね^^;

念のため、最初は飼育容器の水深は浅くして様子を見た方が安全だと思います。
この場合、水深が浅いとヒーターが水面から出てしまう事故も無いとは言えません。

画像は子ガメを飼育する時に我が家で行っている方法です。
種類は違いますがURL
http://mars.mond.jp/razorback/2008.12.12.html

私はズボラなので水換えは少なくしたいと言うこともありますが^^;

もし、〇〇さんのゼニガメが、ある程度(甲長5センチ以上・・かな)の大きさであれば、普通に飼育容器+陸場に水深10センチ程度でヒーター設置で良いでしょうか。

あと、ヒーターカバーは火傷防止に必ず用意してください。

ん〜・・こんなトコロでしょうか・・


ん〜・・こんな感じですね^^;

ゼニガメに限らず、ミシシッピニオイガメの幼体でも水深を浅くして飼育するなら上記画像の方法も「あり」だと思います。

ミシシッピニオイガメでも幼体であればUVライトも一応、設置した方が安心ですね。

あと、コレの利点として、水量が多いので、水質変化や水温変動もゆっくりになる。
当然、水換えのサイクルも減らせます。
隔離ケースの外にメダカやアナカリスを放り込んでミナミヌマエビ(隔離ケースの穴からウジャウジャと侵入してカメのエサに群がる)などを入れておくとエサの食べ残しも減りますよ。

今日は以上。。(手抜きだな〜・・汗)
| 器具・エサ・その他の紹介 | 19:19 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP