ミシシッピニオイガメ(スティンクポット)の日記

ミシシッピニオイガメ、カブトニオイガメ他、我が家のカメ日記です。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
mail
ミシシッピニオイガメ・タライ
投げ込みフィルター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 10年目になるミシシッピニオイガメ、その飼育方法をふりかえる。 | main | ミシシッピニオイガメ、年内最後の水換え >>
ミシシッピニオイガメの引越し
JUGEMテーマ:水ガメ

さて、年末で忙しく久しぶりに書きます。



通販で注文しておいた角型のタライ。
ポリプロピレン製品とポリエチレン製品がありましたが、強度を重視してポリプロピレン製の「トンボ」製のタライにしました。(ガス配管等、ポリエチレンだと耐光性に優れ室外設置も可能と思われる・・PPは劣化するからダメ)

で、先程ようやく梱包をはがし、置いてみた。

・・・・



デカッ!・・苦笑

表記されてる寸法ですと計算上は120センチ規格水槽(120×45)よりも広いような・・
ちょっとしたフロ桶ですよ、これ・・笑(購入者さんのプレビューにも海外留学用にフロ桶として重宝してる・・なんてのを実際に見ました)



ヒーターは150Wを3本。(26度固定タイプ)

とりあえず、これくらいの水位で様子を見ます。
十分に水温が保てるようなら、もう少し水量を増やし水換えの頻度を延ばしたい^^;

本当は、これでクサガメの幼体(1匹・・笑)を飼育する予定でしたが手違いと言うかライト類とフィルターの設置が上手く行かずに急遽、ミシシッピニオイガメ用に変更しまして・・ 

もはや、これを飼育と呼ぶのかどうか?は微妙な感じになってきましたがミシシッピニオイガメ的には広いスペースと水槽のように横から覗かれるストレスも無し。
意外に良い環境かもしれませんネ。

現在のチビ・クサガメの飼育状況。



水槽内(本来ならタライ)に上部フィルターを設置しフィルター上面を、そのまま陸場にする予定でしたが・・



上部フィルターの予算をケチったため?ポンプが水中タイプで設置はしたものの予想以上に水深が上がり却下。(揚水タイプのポンプなら画像右の青いプラカゴは1段で設置できたハズ)
結局、レンガで陸場を作るハメに・・苦笑

カブトニオイガメ2匹は現在、大きい方は衣装ケース。
小さい方は臨時60センチ水槽です。

で、引越しした感想。

やはり、ミシニやカブニは陸場が不用(我が家の場合です)なぶん、飼育容器を選ばない&設置が非常に楽。

陸場やライト類が不用と言うのはメンテナンス(水換え等)、維持費を考えると飼い易いですね。

今回の上部フィルターをミシシッピニオイガメ用に流用・設置しても良いのでしょうがこの設置方法ですと多分、帰宅後に転覆・破壊される光景が目に浮かぶので濾過を強化する場合は夏場などに水深を上げて水作ジャンボ(大型投げ込みフィルター)を入れます。(もしくは外部フィルターだけどタライなら楽に水換えが出来るので逆に邪魔かも・・)

と、言うことで見た目はともかく(汗)ミシシッピニオイガメには、より良い環境が用意できたと思います。

今日は以上。。
| 器具・エサ・その他の紹介 | 10:58 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP