ミシシッピニオイガメ(スティンクポット)の日記

ミシシッピニオイガメ、カブトニオイガメ他、我が家のカメ日記です。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
mail
ミシシッピニオイガメ・タライ
投げ込みフィルター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 外部フィルターと上部フィルターの併用 | main | ミシシッピニオイガメ 水換え >>
ミシシッピニオイガメの近況 2010年4月
JUGEMテーマ:水ガメ



久しぶりですネ^^;
なかなか忙しくてブログが書けないのですが、まずは動画から。
 
飼育11年目、今日のミシシッピニオイガメです。

暖かくなり食欲も旺盛&私に代わり世話をしてくれている妻に良く懐いているようです。



飼育環境は去年の冬から変化なし。
大型のタライに水を入れて浅瀬用のレンガが数枚。
ヒーターと投げ込みフィルター。

エサは「ひかり胚芽・沈降性」がメインで煮干(犬用)、鳥レバー、タニシ、小赤等。
与える間隔は・・・私は2〜3日に1回でしたが現在、毎日少量のようです。
おかげで水換えのサイクルは短くなり3日に1回くらいの模様。

だって、すぐに臭うもん・・苦笑。


我が家には現在、他にカブトニオイガメが2匹とセイブニシキガメ、クサガメがいますが何と言うのかな・・・ミシシッピニオイガメってノンビリしてる&決して頭が良いとは言えない感じなのですが、さすがに10年以上もいると存在感はソレなりにあります。

以前から書いてますが、気がつくとソコにいる。
気がつくと目が合う。

自然な感じで気軽に付き合えるカメ。

手間も、あまり必要としませんし今のような簡素な(苦笑)飼育設備でも飼える。

顔も良く見ると目などが意外に可愛いと思います。

え〜と・・今日は日用品を買いにホームセンターへ行きましたが、この時期は定番の?ミドリガメ、ゼニガメの小亀がウジャウジャといました。
確かに可愛いのですが、飼育するにあたり必要な設備を整えるとカメ本体よりも設備の方が高くなります。
ミドリガメ・クサガメの場合ですと室内飼育なら甲羅干し用の陸場、紫外線ライトが必須かな・・
安いから簡単に買えるのですが飼うには、それなりの知識とお金が必要です。
無知な方が買ってから「あれこれ」質問する、挙句に死なせてしまう。
そんな末路が今年も繰り返されるのか・・・毎度の事ながら少しやりきれないナ・・

ホームセンターでも最近は以前ほど酷い環境(小型プラケース等)で保管されている小亀は少なくなったような気もしますが、せいぜい60センチ水槽程度のスペースに濾過器、ライトはあるものの飼育密度が高いナ〜。
1匹が病気になれば感染する確率も高いですし、ストレスもかかるでしょ・・子供なのに・・

まぁ、私もクサガメやニシキガメを飼育していますからカメ自体の悪口を言ってるワケじゃないのですヨ^^;
甲羅干しするカメは見ていて楽しいというか、とても癒されます。



画像は半年前のクサガメ。(確かに可愛いかも・・)



成長速度が速くて現在は120センチ水槽で単独飼育。
すでに大きさはミシシッピニオイガメと同じくらいです(汗

手間を省くということは、設備環境にお金をかけると言い換えても良いでしょうね。



画像はセイブニシキガメ水槽(120センチ)です。



やはり最初に飼うならミシシッピニオイガメが、お勧めでしょうか。
大きくならず、手間もあまりいらない。
もちろん、最低限の知識や手間は必要ですが^^;

ミシシッピニオイガメが飼育できるならクサガメやミドリガメも飼育できるかと・・苦笑

ようは、簡単に考えて衝動で買うな・・と言いたいワケですよ。(売る方にも問題があると思うけどね)

今日は以上。。
| 日常 | 16:00 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP