ミシシッピニオイガメ(スティンクポット)の日記

ミシシッピニオイガメ、カブトニオイガメ他、我が家のカメ日記です。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
mail
ミシシッピニオイガメ・タライ
投げ込みフィルター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ミシシッピニオイガメ他、我が家のカメの様子 | main | ミシシッピニオイガメ、今日も水換え(妻が・・ですが^^;) >>
動物病院について。。
 え〜と・・今日は時間がありますがネタが無い^^;
私の場合、メールチェックは基本的に週1回、日曜日が多いです。
こんな駄サイトでも毎週2〜3通はご意見やご質問をいただくワケですが、カメもガンダムもイモリ、バイク等は私の生活の、ほんの一部にすぎません。
これが私のスタンスです。
今、PCに向かいキーを打つのも息抜きの一つなんですね。

もちろん、時間の許す限り「私なりの」お返事はしておりますが基本的にグータラなので・・
だから、放置メールも時々あります、ゴメンナサイm(--)m

さて、そんな中で多いのがカメの調子が悪いが、ど〜すればいい?
と、言うお問い合わせでしょうか。

掲示板は設置しています。

でも、急ぎの場合はメールで・・と書いてます。

公的な掲示板とは異なり、メールの場合は、けっこう言いたい放題だったりします&原因が推察できれば私なりの考えを申し上げますが所詮はタダの素人ですよ、私は。
知識も経験も、それなりにあるのかもしれませんが専門家には遠く及びません。
だから、最終的には獣医さんに行くことをお勧めしています。(責任回避とも言う・・^^;)

だって、私の意見が仮に正しかったとしても相手は「命」です。
死んでしまった場合、意見した私にも多くの責任があるからネ。
サイト開設・公開してる以上、このあたりは御容赦願います。

で、獣医さんですが人間のお医者さん並みの勉強をされ「医師」として専門的な治療やアドバイスをしてくれる「最後の砦」ですね。
人間の子供がケガをした場合、ひどい傷なら外科に行きます。
でも、軽い擦りキズくらいなら消毒して絆創膏でも貼れば治癒します。
カメの場合、ひどい傷なのか?軽い傷なのか?
コレ・・判断に迷いますよね?

実際、近所の川で見かけるカメなんて甲羅はボロボロで汚い用水路などでも生きている。
ミドリガメなんかは「おおっ!」と思うくらい大きな個体もいますからカメの生命力は強いんだと思います。

だから何がナンでも獣医さんへGO!と言うのは私の本意では無いのです。
ただ、獣医さんへ行けば「確実性」は大幅にUPするから「命損失のリスク」は回避できる可能性は高い。

人間向けの医師とは異なり、獣医さんは「サービス業」的な要素が多いですね。
評判が落ちれば、お客さんは減ります。
結果、ある意味では人間向けの医師以上に経営感覚が求められます。
保険が適用されないから「当たれば」儲かる「商売」ですね。

ですから、私は獣医さんを勧めるにあたり、近くにあっても客がいないようなトコロは避けるのが賢明です、通える範囲で評判が良いトコロがあれば探してでもソチラへ行ってください・・と、最後に書き添えます。
私の住む県内でも獣医さんは多くみえますが、「圏内」であれば「よしむら動物病院」を、お薦めしています。
見立ても処置も良い。
甲羅に負ったキズが完治しても「ケロイド状」としてキズは残りますよ・・と、ご指導いただき半信半疑でしたが当たってる。

逆に、見立てや処置、対応に疑問がある獣医さん・・近くにあっても行きません。

このあたりは難しい試験に合格して獣医になっても簡単には「食べていけない」・・少し同情します。
勉強不足が経験を減らす。 開業すれば大変ですね、獣医さんは・・低価格・・も、一時的に集客できても、すぐに通用しなくなると思うし・・
インターネットが普及するにつれ「情報」は昔に比べ格段に得られ易くなりました。
御自分があずかっている「命」を私に相談する事は嬉しい反面、その時間があれば情報収集に充てても損はしませんよ。

このページに書きましたが ネット上の情報は話半分程度に聞いて、最後に頼れるのは「自分自身」です。
色々な経験を積み、調子の悪いカメを自分で治療できる御方は本音で尊敬します。

そんな御方が私のサイトのアドバイザーに来ていただければ凄く助かります。
無論、無収&カメ好き・ボランティア精神に富む御方に限りますが^^;

私は無力だナ〜・・・・

でも、外野から距離を置き、アレコレと意見を述べてるのが気楽です。(趣味?だからネ^^)

とは言え、私もカメは大好きです。
私なりに勉強もしますので今後も宜しく^^
| その他 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gundamg35963.mars.mond.jp/trackback/9
トラックバック